JJジュンの気になる物・人・風俗のこと
テレビとかを観ていて、ちょっと気になった事を書いてみる日記
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2009/07/28(火)   CATEGORY: 生活
どうする?お歳暮
お中元、贈りましたか???

お中元と言えば、お歳暮(笑)
お中元は贈らなくても、お歳暮は贈るって方も多いですよね?代表的な日本の伝統風俗だと思います。


お歳暮を贈る場合、基本的にはどうしても現在お世話になっている方を優先する事になりますよね。


確かに・・・


逆に言えば、かつてお世話になったが、現在は疎遠になっているという方に関しては、お歳暮を贈る事を止めた方が良いのか、という思いに駆られることもあるかと思います。


難しい問題やね。。。


さほど親しくない相手からお歳暮が届くたびに、お礼の手紙を書いたり電話をしたりと気を使わせるのも、あまり好ましくないことといえます。


たしかに、自分が貰った場合を考えると、たしかに面倒に感じたりしちゃう場合もあるかも・・・


そういった場合、どうやって贈るのを止めれば良いのでしょう。

いきなりパタっと止めてしまうのも、失礼に当たるのではと思ってしまいますよね。


そこだね。。。


実際、前触れもなくいきなりお歳暮を贈るのをやめるというのは、礼を失している行為といえます。

相手方にしても、あまり良い気はしないでしょう。

そこで、少しずつ薄めていく、という手法が有効となってきます。


うぉ~、なんかますます面倒な感じが(笑)


まず、お中元とお歳暮を贈っている場合、お中元のみを止め、暑中見舞いの葉書のみを出すようにします。

この年は、お歳暮は通常通り贈ります。

次の年は、お歳暮の金額を抑えます。

5,000円使っていた場合は3,000円くらいにすれば良いでしょう。

そして、次の年には寒中見舞いの葉書のみにする、といった形ですね。

段階を踏む事で、失礼のない止め方を行う事ができます。


なんか大丈夫かな・・・


生きているうちには、どれだけお世話になった方であっても疎遠になることはあると思います。

特に、血のつながりがない方に関しては、疎遠にならない方が珍しいでしょう。

その代わり、新しくお世話になる方も増えていきます。

そういった方々と上手く付き合っていくには、こういった事も必要となってくるのです。


そうなんだけど・・・
スポンサーサイト
page top
DATE: 2009/07/28(火)   CATEGORY: 生活
加齢臭って
なんか、そろそろ気になるお年頃です(笑)


加齢臭の予防策と対策について考えてみたいと思いますので参考にしてみてください。


予防法ね!


そもそも加齢臭の原因となっているのがノネナールと言う物質です。

これは皮脂中に存在する過酸化脂質が原因であると言われている物です。


なんぞや???


この過酸化脂質を減少させる為には、体内にある脂質を酸化させない様にする事がとても大切で、その為にはどうしたら良いのか考えていく必要があります。


ほうほう・・・


まず脂質を酸化させない為には普段の食生活において脂っこい食事を取り過ぎない様にする必要があります。

またアルコールの摂取もなるべくなら控えて活性酸素を発生させない様にしたりとか、増加させない様にしたりとかする必要があります。


やっぱり食べ物も関係してるんだね。
でも、揚げ物とか旨いんだよな~。。。


と言う事はつまりどう言う事かと言うと、食生活も含めて規則正しい生活をする様に心がけると言う事が一番大切だと言う事になります。

脂質を酸化させる原因になってしまう活性酸素を体内に増殖させない様にする為には、活性酸素を要らない物は体内から排出してしまうと言った方法もあります。

その為に効果的だと言われているのはスカベンジャーです。


スカベン・・・(笑)


活性酸素が消去できる物質を体内に取り入れる様にして活性酸素を消去させていく様にする事、これがとても加齢臭対策として大切だと思うので是非実践してみて下さい。


どうやってやるんですか・・・???


加齢臭の対策や予防には色々な方法がありますので、色々調べてみて自分が取り組みやすい方法から試して、加齢臭をなるべく抑えていく様にしてはいかがでしょうか。


よく分からんから、もうちっと調べてみます m(_ _)m
page top
Copyright © JJジュンの気になる物・人・風俗のこと. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。